グリーンツーリズムについて

都市と農村において交流を図ることを「グリーンツーリズム」と呼びます。

日本では簡易的かつ短期的に農村や農業を体感するといった意味合いが強く、ふるさと祭りなど地元にこだわったイベント、短期または日帰りの農業体験、直営店による活動などがそれにあたります。

 

一方、グリーンツーリズムの由来ともなっているヨーロッパの「アグリツーリズム」では、その意味は少し違うようです。

アグリツーリズムとは農村民泊をさすものと考えてよいでしょう。

つまり、都会で暮らす人が長期休暇をとって農村でゆっくり休暇するということをさすのです。

農村や農業を体感するという意味合いは同じですが、その関わり方や目的、期間などが少しずつ違うため、総合的には違うものを意味しているといえるでしょう。

 

したがって区別のために、こうした日本独自のグリーンツーリズムは特別に「日本型グリーンツーリズム」とも呼ばれています。

「グリーン・ツーリズム」は1992年に農林水産省に提唱された比較的新しいもので、都市と農村による交流を深めることで、人や物、情報などの行き来を活発にしようとする取り組みです。

日本では長期休暇が取りにくかったり、農村が都市部からさほど離れていないという点でアグリツーリズムのように長期休暇による長期滞在を定着させることは、正直、難しいといえるでしょう。

そのため、新しい日本型グリーンツーリズムを目指し、現在、模索中ということです。

 

その課題には様々なものがあり、たとえば受け入れる農村側の体制もまだ整っていないというのが現状のようです。

同義語に「ブルーツーリズム」もあり、こちらは漁村との交流を意味するそうです。

青汁 比較