農業補助金について

農業に関して行政が講じる政策を農業政策と呼びます。

農政という略称や、観農という昔の呼び名ならば、聞いたことがあるという人もいるかもしれません。

かつて観農といわれていた時代には、孔子の影響により農本主義が強いものでした。

しかし現代社会においては、社会あるいは経済政策といった意味合いが強くなっているようです。

 

国により、農政の重点は違います。

価格を維持したいのか、農家を保護したいのか、自給率を上げたいのか、食料供給を安定させたいのかなど、国により様々です。

 

日本においては、農政の1つに農家を保護する目的の「農業補助金」があります。

その数は400種類以上ということで世界に類を見ない多さだそうですから、日本の農家はどれだけ優遇されているのかと憤りを感じる方も多いでしょう。

しかし実際のところ、有益ばかりではないのも事実のようです。

例えば、申請期間が短いものが多く、書類を揃えている間に申請期間が終わってしまうことも少なくないといいます。

補助金を上手に活用できる慣れた農家は良いですが、そうしたところは少ないため、すべての農家が補助金で過剰に優遇されているということはないようです。

農業補助金を上手に活用するには、知識と事前の準備がとても大切なようです。

 

また補助金の中には、鶏の伝染病を予防するワクチンに対するものなどもあります。

このような場合は食の安全、ひいては消費者の安心にも繋がることですから、補助金が過剰とばかりは言えないということにもなるでしょう。

プロバイダー ランキングフレッツ光 マンション