農業機械について

農業機械といえば、一般的にはトラクターなどが知られていますが、ほかにも多種多様な機器が開発されています。

農作業、畜産、酪農などは大きな規模で行われていることも多いので、作業を代行またはアシストしてくれる農業機械は欠かせないものといえるでしょう。

 

農作業の歴史は、1960年代以降にさかのぼります。

それまでは手動による農業機械が主流でしたが、電動器や内燃機関を動力とした農業機械が導入されました。

その始めは田植え機として水田稲作に利用され、一気に広まったといわれています。

 

1980年代になると生産量が多い野菜における収穫機など畑作向けの農業機械も多く登場し、農作業においては、ますます高度な作業を代行するロボットのようなものも作られました。

農業機械においては、今後10年間に急激に普及するほどのものは作られないと言われるほど成熟した分野だそうです。

 

そのような農業機械について知りたい方は、月刊「機械化農業」や週刊「農機新聞」なども参考にしてください。

農業機械を製造するメーカーとしては、ヤンマー、井関農機(ヰセキ)、クボタなどが以前から主流で、最近では本田技研工業や三菱農機などもあります。

 

農業機械は効率的に楽に作業ができるため、生産性をあげることが可能です。

また使うことによって身体の負担も減るため、年を重ねてからの作業ではより欠かせない重宝するものと言えます。

しかし、購入を検討する際には注意も必要です。

農業機械は以外に高価ですので、経営を圧迫しないよう計画的な購入が大前提となります。

債務整理