農業協同組合について

JAは言わずと知れた農協、農業協同組合のことです。

Japan Agricultural Cooperativesの略がJAとなり、全国農業協同組合中央会が組織する総合農業のグループを意味します。

 

更に説明すると、日本における農業協同組合とは、小規模農業法人や一般農家などの農業者による組織を指しています。

その活動は主に米を中心としたものが多いのですが、それは加入者の多くが米作農家であるためです。

 

実際の活動としては、経済事業として生産物の直売店「ファーマーズ・マーケット」の運営、組合員が生産した物の販売、農薬や肥料や農業機械などの購買事業といった農業に関連したものがあります。

さらに共済事業としては、損害保険や生命保険のようなものを組合員と同居する家族に提供したり、信用事業としては、貯金や貸付、証券などを取り扱っているJAバンクの運営などもあります。

 

日本における農協は、世界にある農協の中においてもとても有名です。

農業の指導を始め、流通の支援、さらには金融活動にまで至るという点で、とても組織力があり特異的といえるためです。

しかし問題点もあり、組合員の資格取得に条件があるものの満たしているかの調査が厳密ではない点、しばしば法令違反が起こりやすい組織体質である点などがあるようです。

婚活