農業者年金について

農業従事者を対象に、独立行政法人農業者年金基金が運営されています。

これは公的年金制度で、国民年金に上乗せして加入することが可能です。

加入対象者は、60歳未満で国民年金の第一号被保険者であり、かつ年間にして60日以上の割合で農業に従事している人です。

農地を持たない人や家族農業従事者でも、上記を満たしていれば加入が可能です。

 

支払いは月額2万から6万7千円までを千円単位で自由に選択できるため、若い時からの加入が可能です。

また、自己積立方式を採用しているため、加入者や受給者、高齢化社会に影響を受けにくい安定性の高い保険でもあります。

国庫助成もあり、認定農業者など一定要件を満たした意欲あふれる担い手に対しては、保険料の2〜5割の支援があるそうです。

税制面でも大きな優遇があり、最大で84万円が社会保険控除の対象となります。

 

支払われた年金においても公的年金控除が適応されますし、農業年金への加入がひいては住民税や所得税の節税にもなっています。

安心できるのは、終身年金で80歳まで保証があるという点です。

万が一、加入者または受給者が80歳を前に亡くなられた場合でも、80歳までに受給するはずの金額は死亡一時金として遺族に支払われるそうです。

 

このように手厚い農業者年金は「担い手積立年金」とも呼ばれ、若い世代の確保もその目的のひとつです。

興味のある方は、お近くの農業協同組合(JA)や独立行政法人農業者年金基金に問い合わせてみてください。

サイトには分りやすいアニメによる説明もあるようです。