農業公園について

農業公園という言葉を聞いたことがありますか。

別名は農業パークで、日本各地に存在する農業と自然を基調としたテーマパークなどをさしています。

 

農業公園は、農林水産省によって提唱されました。

そのスタイルは、デンマークやドイツの農村をモデルに箱庭のように作られていることが多いようですが、地域の特性が加味されるのが特徴のようです。

 

農業公園の目的は、農業や自然への理解を深めてもらうことです。

園芸や造園への理解も同様で、自然と触れ合えて食育にもなるということから、幼い子供を持つ親と家族に人気の場所となっています。

 

近年、農業公園のあり方はますます自然寄りとなり、保全されている自然の中へ人が入っていくという形での施設も増えているそうです。

また、各施設ごとに地域に即した自然学習体験のようなものもあります。

季節の果物狩り、木材加工体験、食物の手作り体験などです。

地元食材を利用したバーベキューやレストランなどもあり、まさに地産地消を実践しています。

価格帯は様々で、無料のところもあれば、年間パスポートがあるところもあるようです。

エステ